幼児教育費用、先取りしました

スポンサーリンク

幼児期はお金の貯めどきっていいますよね

しかし、私は幼児期にこそお金をかけたいと思っています

基礎となる時期だからこそ、この時期にしか得られないものって大きいと思うんです

ただし!!

我が家は無尽蔵にお金を使える裕福な家庭ではありません(涙)

予算大事!!

結婚してからの貯蓄の一部を幼児期に使うお金として先取りしておきます

その先取り額をどう決定したか、どう使っていくのか記録しておきます!

① 保育園費用

来年度から子供二人、2歳と0歳が保育園に入園予定です。

二人合わせて月6万円の保育料が決まっています。

再来年度からは上の2歳は年少さんなので保育料は無料\(^o^)/

しかも、下の子も自治体独自の取り組みで無料となる可能性大です\(^o^)/

我が市は本当によく頑張っている!

6万円×12か月で保育料は72万円

② ピグマリオン幼児家庭学習

我が家の幼児教育の柱にしたいピグマリオン

幼児能力開発講座は第1グレードから第4グレードまで299,750円かかります

約1年間で一つのグレードをこなすので年7万円です

月換算すれば約6,000円

一度購入すれば兄弟で使えるので、子供二人の我が家は一人当たり約3,000円になります

意外と安い!

年長の最後の方で幼児能力開発講座終了後の思考力開発講座第一講座33,660円を購入することになるので、幼児期にかかるピグマリオン代は333,410円です

③ ピアノ

ピグマリオンも推奨している指先を鍛えるピアノ

子どもがやりたがるかは分かりませんが、ピアノ教室代も先取りしておきます

年中から近くにあるヤマハ音楽教室の幼児科に通うとしてレッスン料と施設費でざっくり月額8,000円

8,000円×12か月×2年間=192,000円

兄弟二人でピアノ教室代は計384,000円です

あ、そういえば肝心のピアノ本体代を考えてなかった(;^ω^)

④ 体操教室(忍者ナイン)

これまた不確定ですが、一応先取りしておきます

私が気になっている忍者ナイン

スポーツ科学に基づいた練習内容で、走・跳・投・打・捕などなど、あらゆるスポーツに結び付く能力を育成します

一つに絞らないところが魅力的!

そんな忍者ナインに年中から通うとして月額8,800円

そして、平日にしかやっていないのでママサポを頼ることになります

ママサポ3時間で2,100円なので、合計約11,000円(ワオ)

11,000円×12か月×2年間=264,000円

兄弟二人で528,000円

高すぎ!!

ここまでお金をかける価値はあるのか・・・

冷静に判断しなくてはですね(すでに冷静じゃないワオ)

⑤ その他

その他の費用として一人年間12万円の予算を取っています

ここから捻出するのは

  • 被服費
  • 保育園でいる保育料以外のお金
  • 習い事の月謝以外のお金
  • 知育教材・道具・おもちゃ
  • 絵本・図鑑
  • 誕生日・クリスマスイベント

 

食費やおむつ、歯ブラシ等の日用品は含みません

これ、少なすぎますかね!?

舐めてる!?どうなんでしょう(;’∀’)

長男:120,000円×4年間(2歳~5歳)=480,000

次男:120,000円×6年間(0歳~5歳)=720,000

その他の合計120万円

総額は・・・

  • 保育料720,000円
  • ピグマリオン333,410円
  • ピアノ教室代384,000円
  • 体操教室(忍者ナイン)528,000円
  • その他1,200,000円

(すべて二人分)

総額3,165,410円!!!

ということで、この金額を幼児教育代として、この範囲内で支出していこうと思います

本当はもっといっぱい子どもたちにやって欲しいことがあるのですが、ぎゅ~~っと絞りました

予算を先に決めてしまうと厳しいこともありますが、あっちもこっちもな中途半端は阻止できます

金額に見合った効果は欲しいので、子どもたちとしっかり向き合うことを大切にしたいです♪

って、そういやピアノ本体代はどこから捻出しようかしら・・・(;^ω^)

そういや、初節句や七五三の行事の特別支出はどこから捻出しようかしら・・・(;^ω^)

この予算、大丈夫か?(;^ω^)

 

 

 

 

スポンサーリンク