教育方針①~私立か公立か、進学先の話~

スポンサーリンク

私は親にできる最大の子育ては環境を整えることだと思っています。

子どもが素直に親の言うことをきいてくれるのなんて長くてせいぜい小学校低学年くらいまでですから。

(夫は反抗期もなくずっと親の言うことに耳を傾けるタイプだったようですが、これはこれで困り物です。自分の親に意見できずに嫁の私に迷惑かかってます。この話はまたどこかで書きたいです。)

だから、親以外の大人や友人たちから良い刺激を与えてもらえるような環境を用意したいと思っています。

とはいえ我が家はお金に制限のある家庭なので完璧な環境は用意できません。

その中でも、できうる限り良い環境を・・・と頭を悩ませています。

以下は現時点で考えている私の進学に対する方針です。

① 保育園

育休を終えて来年度からフルタイムで復職します。

1月に入ってすぐに保育園の入園の決定通知が無事届きました!

第一希望の保育園です。

こども園と保育園を数か所見て周りましたが、どこも特色があってすごく魅力的でした。

英語やリトミックは当たり前、課外授業が充実しているところ、石井式漢字教育、フラッシュカード、登山活動、ヨコミネ式、モンテッソーリ等々。

そんな中で私が一番重視したのは園児数です。

というのも、我が家はフルタイム共働き家庭。

圧倒的に家庭の時間が短すぎる!!

だから少ない人数で家庭的な雰囲気の中で見てくれるところがいい。

決まった保育園は0歳から6歳までの合計が50名弱の保育園です。

特に知育に力を入れている様子はないけれど、子どもが安心して毎日通うことができそうな雰囲気。

今はひたすら「来年度から保育園楽しみだねぇ」と子どもに暗示をかけています。

② 公立小学校

迷わず公立小学校。

なぜなら私立に通わせるお金はないから!!

国立は少し頭をよぎりましたが、夫に「面接無理」と言われたこと(確かに子どもより夫の方が心配・・・)

兄弟で兄が合格、弟は不合格とか複雑なことになりたくない

地元に友達がいなかったら帰宅後どこで遊ぶのだろう

などなど、未知な世界すぎます。

その代わり、県内でも評判の校区に引っ越しました。

この校区、本当に大人気で今マンションがばかすか建っています。

あんまりマンモス校になると雰囲気がまた変わってきそうですよね・・・。

思っていたのと違うなと感じたら気軽に引越できるように子どもが中学を卒業するまで賃貸の予定です。

③ 公立中学校

本人が望めば私立中も可ですが、たぶん公立中です。

評判の良い校区に期待しています。

両親ともに公立育ちなので中学受験との向き合い方が分かりません。

どうせ中学受験するなら良い中学そして良い大学に行って欲しいと思うので、子どもの能力以上のものを期待してしまいます。

母親一人がヒートアップして親子関係悪化しそう。

私立中の話を聞いていると、こんな恵まれた環境で勉強してみたかったなぁとも思うので悩んじゃうんですけどね。

④ 公立高校または私立高校

どちらでもいいです。

そこそこの公立高校に行くよりも多少下の私立高校の特進クラスの方が進学実績良いと聞きますし。

ここまでくると親の言う通りの高校に進学するなんてこともないでしょう。

親の声が耳に入らなくなるまでに、将来のことについてたくさん語り合うことが大事だと思います。

親としては、手堅い資格職をそれとな~く刷り込んでいきたい・・・笑。

⑤ 県内なら私立大可、県外なら国公立大で

基本は県内なら私立大でも良し、県外に行きたいのなら国公立大と小学生くらいの早い段階で話しておきます。

ただし人生設計が明確にあるのなら例外です。

私立の6年制の学部や国外の大学に進学となると、さすがに奨学金を使ってもらうことになると思いますが。

希望の大学で学んだことで、借りた奨学金を無理なく返せる職に就けるのか、しっかりと子ども自身で判断してもらわないといけません。

そのためには、反抗期が始まる前の早い段階で世の中の仕組みや勉強する理由など伝えていく必要があると思います。

 

反抗期が始まるまでに、たくさんコミニュケーションをとって将来のことを考える機会を与えたいです。「なりたい夢」が早期に決まっている子は強い。

勉強への意欲が上がるし、無駄もないですから。

そんなこといってお笑い芸人になりたいと言ったらどうしよう。

とりあえずインテリ芸人を薦めるかな(;’∀’)

 

 

 

スポンサーリンク